なぜいまマーケティングが必要か?

世界では、こういったマーケティングの歴史をたどってきたわけですが、日本では、マーケティング活動が積極的に展開されてきませんでした。これによってどういった負の事象を明らかにし、マーケティング活動の必要性を解説します

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違いは、扱う世界の範囲

デジタルマーケティングとWebマーケティングは、技術的な中心が同じインターネットであり、Web上での施策を行うことは共通であることから、同じようなものだと捉えられがちです。では、両者はIT業界が需要を喚起するために、従来の概念をバズワード化しているだけでしょうか。

両者の違いは、マーケティングの対象として扱う世界の範囲にあります。Webマーケティングは、その名の通りWebサイトを軸に考えるマーケティングで、Webサイトの世界だけに閉じたマーケティングともいえます。

一方、デジタルマーケティングはWebサイトの世界にとどまらず、デジタルで得られるあらゆるデータやタッチポイントを活用するマーケティングであり、Webマーケティングとの決定的な違いは、扱う世界の範囲が格段に広いことです。

Webマーケティングにおいて多くは、企業の運営するWebサイトのコンテンツを充実させて、いかにして顧客を流入させ、誘導し、購買などのアクションにつなげていくのかを考えます。具体的にはSEO対策やリスティング広告の利用、アクセス解析とその後のWebサイトの改善などです。Webを中心に施策を行い、Webで取得可能な情報を使って効果測定を行います。

デジタルマーケティングは、スマホ時代の顧客と強くつながる施策

現在、Webサイトに表示される広告、自社のWebサイト、電子メール、アプリなど、デジタルによって顧客との接点が、非常に多様化しています。デジタルマーケティングでは、これらの接点を包括的に取り込みます。そこには、Webマーケティングのように自社のWebサイトに隣接するデータだけではなく、口コミサイトやSNS、さらにはデジタルサイネージやデジタルのポイント会員情報、どこでアクセスしたかといった位置情報なども含むのです。

また、ネット店舗とリアル店舗とが連携する O2O(Online to Offline)を通じたアプローチも可能になります。それだけに、適切なタイミングで適切なメッセージを送ることで、顧客一人ひとりとより深い関係を構築することができます。

この流れを急激に加速させたのは、スマートデバイスの普及にほかなりません。消費者が情報を得て、サービスや商品を購入し、サポートを求め、自らも発信する一連の流れは、スマートデバイスを使って行われることが主流となっています。特にスマートフォンを使用する若い世代を中心に、公式情報よりもSNSなど自分に近い情報、自分が信頼している情報を第一の判断基準として、企業が描いたストーリー通りに進展しないことが多くなってきました。

これはマーケターにとっては決してピンチではなく、デジタルマーケティングによって、Webマーケティングよりも格段に顧客とのつながりを強化するチャンスともいえます。企業ブランドや商品の強力なファンを獲得するチャンスです。ユーザーと端末利用者を紐付けやすいことから、より精度の高いマーケティングが可能な側面もあるからです。

ただしこれは裏返せば、デジタルマーケティングに対応できなければ、従来よりも顧客とのつながりを得ることが難しい時代になってきたとも考えられます。

ITを駆使したマーケティング活動

マーケティング 3.0頃から、コーポレートサイトやECサイトでのマーケティング活動が盛んになってきたように、現代のマーケティング活動においては、デジタルが欠かせなくなっています。

デジタルマーケティングでは、ウェブ上から取得できる解析データから、消費者の動向やニーズを紐解き、次の一手をどうするかを、戦略的に考えることができるようになりました。マーケティングオートメーションツールなどの支援ツールは、消費者とウェブ上の接点を一つの顧客データに集約したり、蓄積したデータから顧客を購買ステップごとにセグメント化し、それぞれにあった情報発信やコンタクトを取ります。消費者の異なるニーズに対応するOne to Oneのアプローチが可能になりました。

無数に存在する潜在顧客や顧客にも、限られた人の力でアプローチすることが可能です。まだまだマーケティングチームのリソースが確保しにくい企業にとっても、ITを駆使したマーケティング活動は、効率的で魅力的なソリューションです。

Deixe uma resposta

O seu endereço de e-mail não será publicado. Campos obrigatórios são marcados com *