デジタルマーケティング

マーケティングの役割は、「商品やサービスが売れる仕組み」を作ることだと言われています。そして、デジタルマーケティングとは、様々なチャネル(Webサイト、Eメール、SNS、スマートフォンアプリ、IoTなど)を通して得られる消費者のデジタルなデータを活用してマーケティングを行う手法です。

これまでのマーケティング手法と異なるのは、「複数のチャネルを連動させることができる」「消費者の反応データを素早く得られる」という点です。

テクノロジーの発展により、WebサイトやEメールだけではなく、リアルな店舗での購買行動をビッグデータやAI(人工知能)などを活用して分析し、潜在ニーズやトレンドを検証するようなデジタルマーケティングも行われています。

また、消費者がキャンペーンなどの施策やコンテンツ(内容)に対してどのように反応したのかを詳細なデータとして迅速かつ容易に計測できるようになったこともひとつです。そのため、施策を振り返り、今後の方針に反映する「PDCA(Plan・Do・Check・Action)」のサイクルを回すスピードが、従来よりも格段に早くなってきているといえます。